人気ブログランキング |

九谷焼の北山堂 店長日記

仲田錦玉 青粒製作工程のご紹介

九谷焼の伝統技法 「青粒」最高技術保持者であられる仲田錦玉先生の秘伝の技をついにご紹介!
「青粒」の魅力を存分に引き出した美技は、やはり繊細な技術があってなせる技。その習得には何十年の修行と研究を積み重ねた結果ではないでしょうか。


e0016985_11484896.jpg

1.下地彩色
ろくろの上で均一に黒の絵具をかけます。一度窯で焼成し、「粗こすり」という作業で、絵付をしやすい状態になるまでペーパーで磨きます。

e0016985_11501139.jpg

2.金盛・線描き
金盛:金盛絵具を用い、絵具を盛るように描きます。
線描:フリーハンドで描きます。

唐草の種類には「一重唐草紋」、「二重唐草紋」、「太唐草紋」の3種類があります。


e0016985_11522379.jpg

3.金かけ
金箔を「金けし」という作業で絵具として使用できるようにしてから、金盛の上に金をかけ、窯で焼成します。
(窯2回目)





e0016985_11535886.jpg

4.粒打ち
「イッチン」という道具を用いて、唐草の間を埋めるように一点一点、色を落としていきます。「青粒・白粒」の2種類があります。
(窯3回目)

e0016985_1157135.jpg

5.仕上げ
めのう石、ガラス棒を用いて、光沢が出るよう磨きます。

e0016985_11581134.jpg

6.完成
一つの作品に約2週間から3週間かかります。

作品自体は下記のところでご高覧、お買い上げくださいませ♪

北山堂YAHOO店
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hokusando/b6e5c3abbe21.html

■広坂本店
九谷陶芸 北山堂(ほくさんどう)
金沢市広坂1-2-33
TEL 076-231-5288
■売店
金沢百番街 金沢九谷 (JR金沢駅構内)
松任車遊館 匠の会 (北陸道・徳光パーキングエリア)
by hokusando | 2009-08-23 12:11 | 商品情報