九谷焼の北山堂 店長日記

<   2007年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

雪景色 いよいよ大晦日

e0016985_9374313.jpg

天気予報では大雪になるということでしたが、朝起きてみると薄っすら雪景色。どうせ降るなら本格的に降って欲しいと思いながら、来週より開催される札幌丸井今井の展示会の準備に追われております。

10年前、初めて札幌に行った時、ススキノの歓楽街をツララをつけ凍りついた車体ながらも猛スピードで走り抜けていく車を見たときの衝撃! 今でも忘れません(笑)

早く雪景色が見たいな~

1月9日(水曜日)~1月15日(火曜日)
第20回 加賀老舗展
丸井今井札幌本店
http://www.marui-imai.co.jp/sapporo/s_top/index.html

札幌で展示するお品物より
e0016985_9565488.jpg

(一品作)烏帽子型香炉 84,000円
平安時代より、礼服着装の際に頭に被っていた帽子を模った香炉です。可愛らしい花柄ながらも、凛とした風情を楽しむことができます。


何はともあれ平成19年も今日でおしまい。あっという間の一年でした。

今年も様々な方にお世話になりありがとうございました。
また来年も宜しくお願い致します。

初売り 1月1日 11時~
※年末年始休まず営業しております
[PR]
by hokusando | 2007-12-31 10:05 | 商品情報

商品遅延のお詫び

現在、日本海側に大雪が予想されており、また当店の配送で利用させていただいておりますヤマト運輸が繁忙期のため、一部地域に配達指定日時に着かない場合が発生しております。

大変申し訳ございませんが、商品配達日時が厳守できない場合がございますので、あらかじめご了承くださいませ。

なお、万が一、商品が届かない場合が発生いたしましたら、弊社までお問い合わせくださいませ。

TEL:076-231-5288
担当:高橋洋一朗
[PR]
by hokusando | 2007-12-29 23:10 | お店情報

御用納め

いよいよ今日で『御用納め』という方も多いのではないでしょうか。
一年間お仕事お疲れ様でした♪ 
またご覧頂いておりますお取引先様 『一年間本当にお世話になりありがとうございました』


皆様にとって、今年一年はいかがでしたでしょうか?

私自身は、今年、『八方塞』という年にあたるそうで、最初の頃はどうなることやらとおもっておりましたが、無事何事もなく一年を過ごせることが出来ました(笑)

しかしながら、今年一番の出来事といえば、やはり3月におきた『能登半島地震』です。その時は、展示会で東京におり、情報が少ない震災直後などは、どうすることも出来ず苛立っていたのが、懐かしく思い出されます。

また来年も皆様にとって、より良い一年になりますようご祈念申し上げます。



なお当店は、年末年始休まず営業しておりますので、私自身の御用納めはまだまだ先。
皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。
[PR]
by hokusando | 2007-12-28 10:30 | つぶやき

もういくつ寝ると~ お正月♪

平成19年も残すところ、あと5日。

迎春の準備はお済でしょうか?

来年は平成も遂に20年目を迎えます。ついこの間まで昭和だと思っていたのですが平成元年生まれの方が20歳になるわけです。月日がたつというのも本当に早いですね。特に年齢を重ねるうちに、より一層その速度が早くなるのは気のせいでしょうか(笑)

さて話はかわりますが、皆様のご家庭のお節料理はどのようにされていますか? 
我家は昔から、商売をしている関係上、お節料理を買うことが多いです。私の知っている食品関係の方などは、お取引先様全てのお節料理を買われるそうです(笑)

しかしながら、お節料理はご家庭の味を大切にしたいですよね。器といえば、漆の三段重を思い浮かべる方も多いですが、九谷焼にも三段重がございます。
お正月らしい豪華絢爛な絵付けで、年に一度の寿(ことほぎ)の時を楽しまれるのも良いのでは

e0016985_11444580.jpg

九谷焼 川崎健次郎 吉田屋三段重 47,250円(税込)
http://store.yahoo.co.jp/hokusando/sw74510.html
[PR]
by hokusando | 2007-12-27 13:22 | 商品情報

至高の逸品 ~高山譜八角陶筥~

いよいよ企画書提出も大詰め! 忘年会は終わっても企画書の提出は終わっておりません(笑)

某百貨店様より、『九谷焼でこれは凄い!』と感動をするような企画を依頼され、仲田錦玉先生にお願いし、先生が今まで大切に保存されておられた逸品作をご紹介頂きました。


e0016985_9195967.jpg

~仲田錦玉 高山譜八角陶筥~
先生は登山が好きで、地元の白山によく登られたそうです。その時にけなげに咲く高山植物に感銘を受け、創作した作品です。周囲の八面にクロユリやハクサンコザクラなど白山に咲く高山植物を描き、筥の中にブナの葉を描いてございます。


この作品も、今までの九谷焼の図柄にとらわれない遊心から生まれたものです。いつまでも遊心を忘れず企画してまいります!
[PR]
by hokusando | 2007-12-26 09:31 | 商品情報

メリークリスマス!

e0016985_18243958.jpg

[PR]
by hokusando | 2007-12-25 18:30 | 商品情報

迎春の準備 ~繭玉飾り~

久しぶりに太陽が顔を覗かせるなど、何となく暖かい冬空の下、数多くのお客様にご来店、お買い上げいただきまして誠にありがとうございます。

今年最後の連休はいかがでしたでしょうか?
年賀状作成、大掃除、クリスマス、迎春の準備など大忙しではなかったでしょうか。当店でも毎年恒例の繭玉の飾付けが行われました。
昨年、中々柳の木が入手できなかった反省をふまえ、11月頃より頼んでおいたお陰で今年は久しぶりに大振りの柳の木に飾り付けることが出来ました♪

昨年の記事
http://hokusando.exblog.jp/4803861


e0016985_95823100.jpg

いつまでも残しておきたい金沢の伝統文化。

北山堂は年末年始休まず営業しております
[PR]
by hokusando | 2007-12-24 10:16 | お店情報

忘年会のラストは冬至 ~いきいき亭~

e0016985_9231242.jpgいよいよ(ようやく?)今年最後の忘年会。付出しに出てきたのは、嬉しい事に『かぼちゃ』でした。


仲居さんより、『今日は冬至なのでかぼちゃをご用意いたしました』

何となく気ぜわしい師走。最近暗くなるのが早いな~と思いながら、冬至の風習のことを忘れておりましたので、季節を感じるおもてなしは嬉しい限りです。


(参考)冬至にかぼちゃを食べるわけ
http://www.nzkabocha.com/topic/041206_toji.htm

このお店は金沢市片町の『いきいき亭』。和食を気軽に楽しませてくれるお店です。ちなみに私のお気に入りのメニューは『大名巻き』 日本海の新鮮なネタを太巻きで一本に巻いた贅沢な逸品です。一度ご賞味あれ♪


e0016985_947319.jpgさて、このお店にも遊び心を発見! 金沢の伝統工芸である『桐工芸』の水盤にクリスマスツリーが飾られておりました。携帯カメラなので分かりづらいですがクリスマスツリーもどこか和風テイスト(笑)

昨晩の片町は忘年会のピークということもあり、本当に数多くの人たちで賑わっておりました。
私自身は、体調がよくなかったので、暴飲委員会(?)の忘年会は一次会で退散してしまいましたが、また来年もお手柔らかにお願い致します。
[PR]
by hokusando | 2007-12-23 09:58 | 美味探訪

遊び続けて450年

e0016985_9371428.jpg

昨日はNPO法人趣都金澤主催のミニフォーラム 『金澤』再構築 ~金沢・都市中心核のゆくえ~ に参加させていただきました。
講師は金沢工業大学の水野一郎先生。
先生は金沢の都市計画の殆どに携わっておられる実力派で、私どもが商売させていただいております金沢市中心部が今後どのような都市計画が行われていくか非常に興味引かれる講演会でした。
この講演会で、私が一番心が打たれたのは『金沢の遺伝子(歴史)』のくだりの中で、『遊び続けて450年』というフレーズ。
今まで私の企画書は全てといって良いほど『伝統と創造』をテーマにした堅苦しいものでした。しかしながら金沢の歴史を紐解いて行くと実は『遊』からはじまったものでした。

代表的な例でいうと茶道の歴史は、街道沿いの団子屋でお茶を楽しんでいたのが始まりで、遊心から茶道という文化が完成しました。現在流行っている一服碗も仕来りを重んじた茶道から気軽に楽しもうという遊心から派生したものです。

やはり『遊』をキーワードに商品開発をしていくと創造が生まれてくるのではないでしょうか


さて話はかわりますが、講演会終了後は先生を囲んでの懇親会♪
e0016985_1171585.jpg

忘年会シーズンもいよいよラストスパート!
弱りきった肝臓に鞭を打ちながらも、夜が更けていくのでした(笑)
[PR]
by hokusando | 2007-12-21 09:51 | つぶやき

九谷の舞妓

e0016985_12321860.jpg

色白で、上品な舞を踊っています♪

もちろん本物の舞妓ではありません(笑)

九谷焼の井出幸子先生が描いた女性らしい艶やかな置物です。
昨日、置物職人の所へお邪魔し商談していた所、ご紹介いただいた逸品です。

色々と商品開発についてお話させていただいたのですが、この素地を製作するのに、5本製作して1本しかまともな商品が出来ない、絵付けで2回窯に入れると絵具が剥離してしまう等、生産効率が非常に悪いとのことでした。それ故に価格が15万円を超えてしまうそうです。

個人的には、無鉛絵具開発よりも、『如何に九谷焼の職人芸を残していくか』、の方が重要だと思います。
そうすれば、このような手の込んだ作品も安定して生産できるのはないでしょうか
[PR]
by hokusando | 2007-12-20 12:44 | つぶやき